//////&THENニュース速報//////

 DMA日本代理事務局・ダイレクトマーケテイングジャパン(株)からのホットニュース!

【緊急特報】&THEN THE DMA ANNUAL EVENT
OCTOBER 8-10, 2017 NEW ORLEANS,LA

DMA年次大会&THEN2017」日本から特別参加ツアーは10月7日(土)成田出発、10月12日(木)成田着、に催行します。参加申込受付は既に締め切りました。
お申込み戴いた皆様、ありがとうございました。
・まだ特別セミナー参加希望の方は多少の席は確保できますのでお急ぎご連絡ください。




いま,劇的変化を続ける競争的環境の中、真に有効となるビジネスモデルとは、どのようなようなものをさすのでしょうか?マーケテイング事業の発展のためには、限りなくデータに基づくことが基本です。
いたるところでデジタルトランスフォーメイションが推進される時代を迎えようとしています。

日本を代表されるマーケター、ビジネスリーダーの皆さま
企業家、経営に携われる皆々様の成長の糧となります。

データドリブン・マーケティングのすべてを!
データに基づき、悉くデータに帰依することこそがビジネス成長の根源です!
私、DMJ代表 岡  徹(あきら)は、50年近く・半世紀に亘り、日米・DMAのマーケティング企業の
現場に携わり続けております。現地セミナー会場での講師たちとの質疑応答のお手伝いを通訳と一緒にさせていただきます。貴重なデータベースマーケティングの発祥の地米国において、今日の適切なデータ活用とテクノロジーとは?データドリブン・マーケティングによる現場検証と総括を皆様と共に行います。

●参加企業の皆様にとってはこの体験、この知見こそが計り知れない明日のビジネスへの発展の糧になるに違いありません。
帰国後の現地報告(10月末発表予定)レポートも楽しみにお待ちください。



株式会社ダイレクトマーケティングジャパン

代表取締役社長 岡  徹(あきら)
DMコンサルタント・DMA日本代理事務局代表
DMA国際エコー賞アンアバサダー、米国審査委員
・080-4123-7755



お待たせしました
&THEN カストマイズド特別セミナ⁻プログラム・発表!
設立100年祭を祝う「DMA年次大会&THEN2017」

データ&マーケテイングアソシエーション総会へ日本から参加
世界のマーケターたちの祭典へ・日本企業代表者たち多数が現地に集結します!


米国・ニューオーリンズ・ルイジアナ州にて開催
10月7日・土)現地キックオフ~10月12日(木)成田着


●激変を続ける近い未来のための必見、Data, Analitics, Marketing その必須条件のすべてを公開!
DATA, ANALITICS, DEGITAL PRINTING, ALL ABOUT PERSONALIZATION
SUCCESSFUL CUSTOMER ACQUISITON AND RETENTION AND MORE.....

更に、ダイレクトマーケテイングジャパン株式会社・DMA日本代理事務局運営による、
カンフェレンス会場での有名講師による特別教室と成功企業の視察、
日本語完全通訳付のプログラム・日本からのDMA幹部歓迎サポート付視察団・VIPセミナーツアーを計画!
DMA国際エコー賞発表会授賞式・ディナーパーティー付・・DMA設立100周年に相応しい祝福ムードです。

&THEN2017カストマイズド特別セミナ⁻プログラム
・通訳付特別教室【資料申込書】



2017.6.27
当初のDMA 国際エコー賞エントリー締め切り日は6月25日まで、エントリー業務を終えられた方、有難うございました。

DMA日本代理事務局より国際エコー賞ご応募 エントリーされた方にお礼
本年は日本からの多くの方がご応募されました。
有難うございました。
ご健闘をされた皆様には、末永くその栄誉を称えられます。
10月8日発表・エコー賞の受賞者発表に会場で皆様お会いできること、
当日の発表・授賞式で皆さま一同で祝福の乾杯を楽しみにしています。


2017.6.15
いま、話題のマーケティング・エキスパート・講師紹介、更に
&THEN カストマイズド特別セミナ⁻プログラム参加者(参加登録申込者限定)は
直接通訳付き・別途個別にメールでご案内!



詳細はPDFをご覧ください

2017.6.14

DMA全情報満載 詳細はこちら

ダイレクトマーケティングジャパン株式会社・DMJは
DMA・データ&マーケティングアソシエーションのDMA - Data and Marketing Association
日本に於けるDMA代理事務局として活動中!
ダイレクトマーケティングジャパン株式会社は日本におけるDMAの公式代理事務局です
2017.6.14
日本ファンドレイジング協会主催
FRJ2017カンファレンス 盛大に終了 感謝!!


3/18(土)・3/19(日)両日、お陰様で
1,430名の大勢のみなさまにご参加頂きました。


ダイレクトメールのパワーの凄さに学び、強い感銘を受けられました。
DM実行活用の場へと力強く動きはじめます。


● https://www.facebook.com/jfrafan

ファンドレイジングに関する最新事例紹介:
****************************
ダイレクトマーケティングジャパン株式会社代表・岡 徹(あきら)は
海外コンサルタント講師2名の講師通訳として登壇しました。
ぜひ、ご来場ください。詳しくは、http://jfra.jp/frj/2017/session/
****************************

FRJ2017年次大会では 世界の潮流、地域のネットワーク、企業によるサービスなど全てが一堂に介しました。                                   「学ぶ」より「気づく」、「参考になる」より「やりたくなる」、「1年間分の元気をもらえました」という声をいただける、気づきや出会いがあふれる場になっています。日本と各国の寄付教育・社会貢献教育プログラムを一堂に集めて紹介する、唯一の場でした。
寄付教育・社会貢献教育のもつ可能性や実際の事例を交えて、子どもたちが社会貢献を通じて自分らしい人生を歩むためにできることなどを考えます。

2017.3.31
ニューオーリンズ開催・特別セミナコース
今しばらくお待ちください。
只今、素晴らしい内容のプログラムを鋭意計画中です。

詳細の資料をお送りします。こちらにドレス情報を記載ください。


<応募の詳細は近く発表!>
ご参加いただける皆様、直接お問い合わせください。お待ちしております。

親愛なる日本の皆さま、

DMAを代表して、ダイレクトマーケティングジャパン株式会社 代表取締役兼CEOである岡 徹(あきら)氏がコーディネートする“&THEN2017特別セミナープログラム”に皆さまをお誘いできることをうれしく思います。
ダイレクトマーケティングジャパン株式会社、そして日本で活躍する仲間たちが、より素敵な、そしてよりスマートな“明日”、つまり“マーケティングの未来”のためのDMAの継続的なとりくみの一環として開催されるこの特別なイベントにご参加いただけることを心より願っています。
DMAとして、私たちはこれまで、最先端の研究・調査結果の提供や最高の人
材育成ツール、そして地球上で働く何十万ものマーケターたちのネットワークとのつながりなど、現状を打開する様々なサービスを通じてマーケティング業界を先導してきました。
DMAが目指すのは単なる業界擁護ではなく、皆さまのビジネスに資する最高の人材、最高のツール、そして最高の戦略を皆さま自身が直接活用いただける環境を整えることです。

私たちの年次イベント“&THEN”では、協力的なマーケターたちの多様なネットワーク、日本語によるオンライン研修プログラムや現場のエキスパートを招いての集中実践講座といった多数の教育プログラム、そして「DMA四半期レビュー報告書」や「ダイレクトマーケティング統計書」などマーケティングの本質を理解するための良質な情報を通じて、特別セミナーにご参加の日本の皆さまに「ひらめき」と「知識」を提供いたします。

「創造性の科学」を皆さまと共有する思想的指導者たちによる魅力あふれるプログラムの数々を是非ご自身で直接ご体験ください。DMAは「多様性の力」、そして「情報交換とネットワーキングの力」を信じています。私たちは“&THEN”への参加を通じて、またDMAが提供するその他すべてのプログラムを通じて、日本の皆さまが自身のキャリアと会社の業績を向上させるための充実した経験を提供するため、常に皆さまのそばに寄り添うことができればと望んでいます。

“&THEN”の会場でお会いしましょう。

ジェルシャ・ハーヴェイ 教育・職能開発担当副社


2017.2.23
DMA(1917年設立本部ニューヨーク)は
本年設立100年を迎え新名称に変更

New Year. New Mission. We've sharpened our focus – to serve you better. DMA | 1333 B
roadway, Ste. 301 | New York, NY 10018 | Privacy Statement
For more information, please visit theDMA.org
DMAはダイレクトマーケティングジャパン株式会社(代表取締役社長 岡 徹 あきら 氏)をDMA公式代理事務局として、入会促進および日本のマーケター様向け特別イベントに関するサポート業務を依頼しています。DMAへの入会手続き、イベント参加登録、ホテルの予約などに関して皆様を全面的にサポートいたします。 DMAの一員になることは、刻々と変化し、日々競争が増す激しいビジネス環境において、会員の皆様が直面する難題を解決し、ライバルの一歩先へ行くことを可能にする驚くべき効果を発揮する方法と言えるでしょう。皆様のご参加・ご入会を心よりお待ち申し上げます。
DMA 2017 成功のためのキーワード
EDUCATE: Education & Learning
ADVOCATE: Advancing and Protecting Data-Driven Marketers
CONNECT: Nothing great is ever accomplished alone.
INNOVATE: The Ldeader in Marketing is Oriented Events & Conferences
なぜいま、永年使っていたま団体名、Dairect Marketing Associationを
Data & Marketing Association に変えたのでしょうか
そのわけは以下にあります。
2017.2.23
世界最大規模のマーケティング業界団体DMA(米国ダイレクトマーケティング協会)創立100年を経て、その名称が変わります!!
DMA(米国ダイレクトマーケティング協会)が協会名称を変更する方針を発表しました。
これまでの正式名称であるDirect Marketing Associationから、
Data & Marketing Association(データ&マーケティング協会)                   となります。
このたび、DMAのCEO兼会長であるトム・ベントン(Thomas J. Benton)氏より、DMA日本代理事務局である弊社DMJを通じて、会員および日本のマーケターの皆さんへのメッセージが送られてきましたので下記にご紹介します。
親愛なるDMA会員の皆さま-
 DMA(米国ダイレクトマーケティング協会)、および理事会のメンバーを代表して、会員の皆さんへ、DMAの新たな使命、名称、そしてブランドについてお知らせできることをうれしく思います。
DMA創設100周年となる2017年を目前にひかえ、マーケティング業界には目を瞠るような可能性が開かれていると同時に、困難な課題も待ちうけています。マーケティング技術や手法の変革はマーケター自信を追い抜くほどの速度と頻度で進行しています。業界全体がある種の混乱に陥っているとみなすことも可能でしょう。ビッグ・データの時代が豊富なビジネスチャンスを生み出す一方で、消費者のプライバシーに関する多くの問題も発生しています。
消費者とブランド間の障壁を打ち破り、データドリブン・マーケティングの責任ある使用を通じたより親密な顧客エンゲージメント(関与)を擁護するためのコミュニティがこれまで以上に必要とされています。そして、それこそが、新生DMAの目的であり、私たちがよって立つ指針でもあります。「データとマーケティング手法の革新」の世紀から「来るべき時代」への橋渡しをすることが私たちの使命です。また、顧客のニーズを特定・実現することにより「生活の質」を改善していくため、会員の皆さま一人一人が責任をもってデータを使用できるようにすることも新生DMAの役割です。このようなニーズをすべて実現することで、皆さんが「真心」と「結果」と「信頼」にもとづいた顧客との永続的な関係を構築することをお手伝いできればと心より願っています。

DMAの新たな使命、それは:
 データドリブン・マーケティングの革新的かつ責任ある使用を通じて、 より親密な消費者エンゲージメント(関与)を擁護するためのコミュニティであること。
 私たちの新しい名称、それは:
「データ&マーケティング協会(DMA)」です。

 私たちの新しい名称と使命は、データを基盤とし、コミュニティをより重視する、より広範な活動範囲を象徴・強調するものです。「データ&マーケティング協会(DMA)」は、データとマーケティングの生態系(=業界)全体を代表し、かつそこで実際に働く皆さんが参画する唯一の業界団体です。「データ&マーケティング協会(DMA)」は多くの才能あるデータ科学者、テクノロジー専門家、現場でデータを活用するデザイナーやライター、クリエイティブの専門家、そしてもちろんデータドリブン・マーケティングの専門家たちの貯蔵庫であり、そこにはより広範な種類とレベルの人材が結集しています。このメッセージをお読み頂いているあなた、そして「データ&マーケティング協会(DMA)」を構成するすべてのメンバーの皆さん一人一人が、データとマーケティングの「未来」そのものであるのです。
このメッセージは、2017年10月8~11日にニューオーリンズで開催されるDMA 2017 &THENグローバル・カンファレンス(http://andthen.thedma.org/)に向けて展開される予定のブランドリニューアル・キャンペーンの先駆けとなるものです。新しい名称とブランド戦略は、会員の皆さんからのご意見と市場調査にもとづき、DMA理事会メンバーとリーダーシップ部会、そしてOgilvyOne Worldwideから招いたブランディングの専門家たちのコラボレーションにより生まれたものです。
 私たち新生DMAについて、そして皆さんの顧客エンゲージメント(関与)をより深化させ、ビジネスの成功を加速させるためのとりくみの数々についての詳細は協会の公式ウェブサイト(英語)をご参照ください。(https://thedma.org/about-us/dma-2017-board-brand/
 DMAの会員をご選択いただいていること、そしてデータとマーケティング業界への皆さんのご貢献に深く感謝いたします。 これからもよろしくお願い申し上げます。

トム・ベントン | CEO | DMA
New York, NY | Washington, DC
D: 212.790.1437
2017.2.23
DMA本場の情報満載
DMAに学ぶ機会がまぢかになりました。
セミナーイベントなどのご参加の方へは、日本語通訳などのお手配も行っています。
各イベントは企業単位でのご参加が基本ですが、お1人でも参加できます。
費用については都度、ご相談ください。

2017.2.23
新コンテンツ配信開始
米国DMAとの特別提携で、最新のマーケティング情報をお手元に!!
社団法人PODiは、100年の歴史を誇る米国DMA(Data & Marketing Association)の日本代理事務局であるダイレクトマーケティングジャパン株式会社(DMJ)と協業し、DMAの豊富なコンテンツを日本語に翻訳し、PODiメンバーに配信を開始します。
まずはWinterberry GroupによるQuarterly Business Reportから始まり、様々なコンテンツを提供予定です。

また、本年はニューオーリンズで10月に開催される予定のDMA定例のイベント「&THEN」への日本発特別ツアーを、DMJと協業で開催します。
本ツアーへの参加は、PODiメンバーシップ会員(有料)向けの企画とさせていただきます。
PODiのメンバーシップについての詳細は、事務局までお問合せください。会員規定や申し込み方法のご案内はpodi.co.jpでも公開しています。

2017.2.23
DMA CEO トム・ベントン氏のキャリアーと主張 マーケティングイノベーターにとっての4つの疑問に答えてくれました。

DMA CEO Tom Benton Answers 4 Questions For Marketing Innovators

※以下の記事はDMAの著名な講師陣の一人、アーナン・ローマン氏の編集記事の日本語翻訳です。(責任監修DMJ、Akira Oka)
DMA・CEO、Tom Bentonがマーケティングイノベーターにとっての4つの疑問に答えます。
Tom Bentonはデータ&マーケティング協会(DMA)のCEOです。2014年のCEO就任以来、彼は、業界擁護、技術革新、教育、人脈(つながり)の領域にフォーカスした組織・人材の再構築にとりくみ、この3年間、組織(以前の名称はダイレクトマーケティング協会)の改革と再ブランディング(名称変更)を先導してきました。

名称の変更は、DMAの100周年記念日の前夜(10月8日)発表されます。
AOLでのマーケティングアナリストをはじめ、データ・ドリブン・マーケティング業界での広範かつ多様な経験を通じて、Bentonは業界について熟知しています。
最近では、DMAが開催する“マーケティングイノベーターにとっての4つの疑問”の講義シリーズに参加しています。

1. ひとりのイノベーター(革新者)として、あなたにとって最も重要なマーケティングトピックスをひとつ挙げてもらえますか?

2つあります:一つ目は、データ生成の速度が急激に上昇していること。そして二つ目は、マーケターがデータをすぐに利用可能なインサイトへと変換できるようにする常識を破壊するような技術が開発される速度も同様に上昇していることです。

こうした能力の向上には、DMAのマーケターが真剣に向き合うべき非常に大きな責任が伴います。
生活でのほとんどの局面同様、マーケティングは「関係性」、つまり、利益を度外視した目的にもとづく「関係性」がすべてです。社会的責任を意識した実績のあるマーケターであれば、自らがマーケットにもたらしたものが人々の生活に改善をもたらすと信じているものです。

この根本的なマーケティングにおける「関係性」の原理が常にすべての政治家や規制当局によって理解・評価されているわけではありません。―その原理とは、”マーケターの行動は相互に有益な関係性を醸成するためのとりくみの中でゆっくりと時間をかけて導かれる”というものです。政治家や規制担当者の多くは、データやデータ技術の使用は消費者のプライバシーの侵害であり、大々的に制限されるべきであると感じています。

しかし、データ・ドリブンのインサイトがなければ消費者へ提供される価値が減少します。そして、データサイエンスなしではイノベーション(技術革新)が抑圧されます。私は、多くの企業幹部たち、それも業界で成長著しい若い幹部たちが有効データ活用やマーケティング業界擁護のとりくみ、そして政府との関係維持の重要性を認識していないか、または積極的に無視しようとしていることに驚かされます。こうした関係性がなければ、データを使用可能な顧客インサイトに変換し、顧客との持続可能な関係性を育む私たちの力は大きな危険にさらされてしまうでしょう。

いくつかのDMAメンバー(多くは有名企業・団体)がDMAデータ標準2.0においてDMA専属の弁護士たちと協力して活動中です。データ標準2.0は、データ・ドリブン・マーケティングの新時代におけるマーケティング業界の説明責任を管理・統制する標準を構築するための業界全体のイニシアティブ(とりくみ)です。我々が従来より慎重にとりくんできた自主規制にもかかわらず、今、責任あるデータの使用と革新的なデータ技術が危機にさらされています。現在、政治家や規制担当者の署名一つで、州や連邦政府機関が技術革新を抑圧し、我々マーケターのデータやデータ技術への責任あるアクセス、およびその使用・交換の能力を取り上げるという事態がいつ起こってもおかしくない状況です。DMAはマーケターとこれら真の危機の仲立ちをする団体です。

マーケティングにおけるデータの役割は常に言及されてきたものですが、今日その重要性はより顕著になっています。データとデータ技術はマーケティング戦略の中心です。―それにもとづいて、ニーズを特定し、デザイン、クリエイティブ、チャネル(媒体)、メッセージ、そしてその他多くのことを決定します。こういった情勢もこのたびDMAが名称を変更する理由の一部です。

2. なぜデータがそれほど重要なのでしょうか?

まず重要なのは、データ、そしてマーケティング業界のデータや革新的なデータ技術へのアクセスは消費者へ提供される価値を増加させるということです。そして、消費者の生活をより効率的なもの、より便利なものにします。さらに、DMAの“Value of Data 2015”レポート上で報告されているように、データとマーケティング業界は、効率性を上昇させ、数十万の雇用を創出することで我が国の経済を牽引しています。マーケティングを活性化させるデータは、消費者がインターネットじょうで利用可能なすべてのリソースを無料で利用できるようにします。

3. データがどのように顧客エクスペリエンスを改善するのでしょうか?

データの責任ある使用により、マーケターはより価値のある、より時宜に適った、より関連性のある情報を顧客に提供することができます。そして顧客はより効率的、かつスムーズに自身のニーズと関心を満たすことができるのです。

4. データはマーケティングの有効性をどのように改善するのでしょうか?

今日成功を収めているデータ・ドリブン・マーケティングと技術は消費者に利益を与えているだけでなく、イノベーション(技術革新)のためにさらに出資しています。そして、それにより、今までにない新しい方法で消費者が利益を受けることになります。これは、データ・ドリブン・マーケターがつねにその顧客や見込み客の効率性や価値を最大化するために努力するという事実にもとづいた好循環・上昇スパイラルです。この上昇スパイラルをさらに刺激するため、DMAはStructured Innovation Program(段階的イノベーションプログラム)を立ち上げました。これは、イノベーションに対するあらゆる障害を取り除くために、マーケターや代理店、技術革新者、そしてデータサイエンティスト(データ専門家)により構成されるマーケティングエコシステム全体を一つにまとめ上げるためのプログラムです。

追加質問:仕事以外で好きなことは何ですか?

別に目新しいことではありませんが、私にとっては人との関わりがすべてです。妻や二人の娘、友達、近親者と良い時間を過ごし、良い思い出を作ること。それが私の一番の宝物ですね。
2017.2.23
マーケティング業界のためのデータ標準2.0イニシアティブ(戦略)

警  告:
責任あるマーケティングデータの使用能力が攻撃にさらされています。


あなたが今すぐできること、それは次のことです。
今すぐレポートをお読みください!

2016.11.9
新生DMA(データ&マーケティング協会)、その活動方針について

先般、DMA 2016年次大会(&THEN)に出席した際に、DMAのCEO兼会長であるトム・ベントン氏と今後の企画や協会の運営方針に関する協議を行いました。その中で、以下の解説資料の提供を受けましたので、ここで皆さんと共有させて頂きます。

DMA会員、および日本のマーケターの皆さま


2016年、DMAは「明確性」と「一致団結」を重点課題として活動をしてきました。
自らの使命を明確なものにし、その使命を果たすことで達成できる共通の目標を設定し、そしてその目標の下に様々な日々のとりくみを進めてきました。

私たちの新しい綱領は、「DMAは、データ・ドリブン・マーケティングの革新的かつ責任ある利用を通じ、より深い顧客への関与(エンゲージメント)と事業価値を擁護する団体である」というものです。
また、先に触れた使命の基盤をなす4つの柱、または価値命題も、以下のとおり明確に定義されています。

Advocate; Innovate; Educate & Connect
業界を擁護し;刷新し、教育し、そしてツナガルこと。


1. Advocate – to ensure our ability to make lives better by responsibly gathering and refining data to identify and fulfill and customer’s needs and interests.
業界を擁護する – 顧客の要望や興味領域を識別し、それを満足させるために責任をもってデータを取集・取捨選択することでよりよい生活を創造するための能力を確かなものとすること。

2. Innovate – to ensure our ability to make lives better by responsibly gathering and refining data to identify and fulfill and customer’s needs and interests.
刷新する – 会員の日々の業務における革新を助長し、公に知らしめること。そして、新しい技術と手法のための市場を開拓すること。

3. Educate – to publish research, to provide thought leadership that accelerates insight and new technology and to curate best practices
教育する – 調査結果を公表し、思想の潮流をけん引することで市場への洞察力を増進し、新しい技術を加速させること。
そして、業界の成功事例に関する必須情報を多くの情報源から収集、整理、要約、共有すること。

4. Connect – to foster communities that advance member performance and growth, to produce compelling events that grow knowledge & connections, to bring thought leaders and best practitioners to the market and to bring clients and solution providers together.
ツナガル – 会員の業績とさらなる成長を促進するためのコミュニティを育成し、知識と人的つながりを増やすための魅力的なイベントをプロデュースすること。そして、最新の思想的なリーダーと実践における成功者をマーケットに紹介することで、クライアントとソリューションプロバイダーの出会いの場を提供すること。

●100周年を迎えようとしている今、DMAはデータから派生する実行可能なインサイトとしての”マーケティングの活力”へより重点を移しつつあります。供給側や買い手のみに重点を置く他のマーケティング団体とは異なり、DMAはマーケティングエコシステム(生態系)の全領域 – そしてそこで働く多くの有能なデータサイエンティストやデータテクノロジスト、データを有効活用するデザイナー、クリエーティブエキスパート、データドリブンマーケターたち –を包括的に代表する唯一のマーケティング団体です。これらのエキスパートたちはすべて、責任をもって顧客が必要とするものを識別し、満足させることで顧客の生活を改善し、真実や具体的な結果、そして信頼に基づいた継続的な顧客との関係性を深めるよう全力を尽くします。

(参加者の声より)
現地のセミナー会期中に、どのセッションにおいても、マーケティングのすべてがデータに基づいて実施されているという事実。また、データの分析から、その解釈法・活用法まで、まさに“データづくし”だったことなど、日本国内の状況とのそのあまりの違いに強い衝撃を受けました。

◎『DIRECTの言葉はあえてつけなくとも、マーケティングは「ダイレクト」であるのは当然のことである…。』

今後は、データに関わる運用ルール、その有効活用についての分析力と顧客個々(のデータ)との関連性の強化を唱える中で、データー・ドリブン型のマーケティングに一層高く標的として掲げる方針となります。

つまり、事業の発展の基盤は、一にも二にも、顧客データの育成・分析であり、それを活用するための技術を磨くことこそが将来の事業の発展に繋がるのです。一方、ビッグ・データの活用とパーソナライゼーションの本質的な技術の習得過程では、個人情報の活用に伴う消費者の利便性促進とあわせて、個人情報を扱う企業と業界全体の環境法規コンプライアンスのための国内基盤の整備が必要となります。

●データこそが企業の資産です。
ダイレクトマーケティングとは、個人情報を活用してこそ成立する事業であり、そのためには企業と消費者が固い信頼関係で結ばれ、そこに「絆」が醸成されていなくてはなりません。
今後、マーケティングを語る際、データの活用により深く焦点を当てることが求められます。各企業・団体ともに、顧客・消費者データの取り扱いに関する知識・経験を強化・増幅させるための施策を真剣に開発していく必要があるでしょう。


2016.11.9
データベース活用専門セミナーをニューヨークにて開催!!

2017年6月、ニューヨークのDMA本部オフィスの教室において、データベース活用に特化した特別セミナーが開催されます。
このセミナーは2017年10月に予定されている「DMA創設100周年記念年次大会(2017&THEN)」に先立って開催されるものであり、特別に招待された皆さんのみを対象とする記念すべきセミナーです。ニューヨーク市内の成功企業の視察を含む内容となりまるので、皆さま奮ってのご参加をお待ちしています。各企業の経営幹部の皆さま、クライアント様もお誘いの上ご参加ください。
詳細は随時、HP上にUPしていく予定です。
2017.2月
ダイレクトマーケティングジャパン株式会社が
個人別・企業別無料セミナー・お試しコンサルティングを盛況に開催中

ダイレクトマーケティング発祥の国アメリカをはじめ、国際・国内企業での約50年に亘る長年の経験にもとづく実証済みのテクニック、ノウハウですぐに役立つ営業の秘策、戦略を提案いたします。弊社の代表取締役社長岡 徹のセミナーとコンサルティングを無料で受けられます。
しかも講師が各企業へ訪問し、営業部、制作部、データベースなどの多数の部門の人達が一緒に参加しての無料セミナーも可能です。
◆個人別・企業別無料セミナー・コンサルティングの主旨
●企業内のチーム一丸となって、「ダイレクトマーケティング力」を切磋琢磨することが企業内の成長に最も大切。特にコールセンターの役割を含め、社内でのダイレクトマーケティングの教育セミナーは、モチベーションを高める
●IT技術の進歩と共に急速に、大量に増加するビッグデータ。このような時代だからこそダイレクトマーケティングの原理原則を企業内セミナーにおいて各部門間で共有することが大切。
●個人別、企業別セミナーは1社とのみ対峙して実施するので一般のセミナーとは参加後の成果が違う。
●各企業内でのセミナーでは競合他社を意識することなく講師に質疑応答も遠慮なくできる。参加者が2、3名でも多数でも費用はかからないので経済的。

◆コンサルティングサービス
こちらがご提案のメニュー項目の一例です

1. データベースマーケティング
2. レスポンス広告制作サービス
3. ダイレクトマーケティング 教育&セミナー
4. ダイレクトマーケティング業務
5. DMJ厳選資料の提供


更に詳しく・・
こちらが上記メニュー項目、1. データベースマーケティング 
を希望された場合の内容の事例です。

・現状把握・意見交換 
・有効リストのつくり方、探し方
・マーケティング戦略の企画・立案
・新規顧客獲得-費用対効果(ROI)の追求
・顧客維持(CRM)-リピート顧客育成対策の提案
・テストマーケティング (リスト/オファー/クリエイティブ制作)
・効果測定、検証と今後の施策の提案
・最適メディアの紹介
など

◆セミナー概要
●講師:ダイレクトマーケティングジャパン株式会社
    代表取締役社長 岡  徹(あきら)
●セミナー時間:120分(2時間)
●セミナー会場:各企業の会議室を利用
●参加人数:相談の上、調整させ て頂きます。
●企業訪問地域:関東(東京・神奈川・千葉・埼玉)
 その他の地域は相談の上、調整させて頂きます。

※まずはお問い合わせください。順次ご連絡を申し上げます。

実際の日程などはお申込みのご都合に対応いたします。

 

 「無料セミナー」申込書フォーム

無料セミナー
会社名(必須)
例)ダイレクトマーケティングジャパン株式会社
(必須) 例)マーケティング部 部長
(必須) 例)山田 太 郎
(必須) 例)やまだ たろう
(必須) 例)mail@example.com
(必須) 例)012-3456
(必須)
(必須) 例)03-1234-5678
※お申込みいただいたデータにつきましては、弊社からのご案内などに使わせていただきます。

サービス

 

このページの先頭へ

岡徹挨拶


ダイレクトマーケティングジャパンが
提供できるサービス

ダイレクトマーケティングコンサルティング


データベースマーケティング


レスポンス広告制作サービス


教育&セミナー


マーケティング業務


厳選資料



DMA米国ダイレクトマーケティング協会

岡 徹のノウハウをご活用ください!

DMJ厳選資料の提供

DMA国際エコー賞とは?


 

ダイレクトマーケティングジャパン株式会社は、DMA日本代理事務局として、
●DMAの多種多様なイベントやセミナーを提供しております。
●DMAの教育プログラムにも皆さんの参加をお待ちしております。